日本でも承認されたモルヌピラビルのジェネリック!価格、副作用、効果を解説。

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

モルキシビル(モルヌピラビル)

商品コード
1136
メーカー
サンファーマ
効果効能
新型コロナウィルスの治療薬(重症化の防止)
有効成分
モルヌピラビル
発送国
インド

料金

モルキシビル(モルヌピラビル)

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
200mg × 40錠

11,000円

9,800円

294pt カゴに入れる

商品詳細

モルキシビルとは

インドの製薬会社「サンファーマ社」が開発したモルヌピラビルのジェネリック医薬品になります。

有効成分モルヌピラビルは世界各国で承認されている新型コロナウィルスの治療薬です。臨床試験では重症化(入院や死亡)のリスクを約30%軽減する効果が確認されています。
製薬会社「メルク社」が開発し日本国内でも経口タイプの抗ウィルス薬として2021年12月に正式に厚生労働省より承認されました。
主に感染から間もない方(軽症から中等症)に適応しております。

日本国内ではラゲブリオという商品名であり、モルキシビルは同成分のモルヌピラビルを配合しております。

製薬会社サンファーマ社

モルキシビルの製造、販売を行っているアジャンタファーマ社はインドのムンバイに本社を置く製薬会社です。
同社は1983年に設立しジェネリック医薬品を中心に世界ヶ国以上に輸出するまでの成長を成し遂げました。
現在では世界各地に生産工場を構え安全かつ高品質な医薬品を提供しております。

有効成分モルヌピラビル

体内に入り込んだウィルスが細胞に入り増殖する働きを阻害する作用がございます。
ウィルスは細胞に感染して遺伝物質(RNA)を増やし、ウィルスを増殖させます。遺伝物質(RNA)を作るのに必要な酵素(RNAポリメラーゼ)の働きをモルヌピラビルが阻害することにより
細胞内での増殖を抑えます。そのため軽症~中等症の方に有効となっております。

※重症度の高い方への有効性は確立されておりません。
※妊婦、または妊娠している可能性のある女性、18歳未満の方はは服用できません。


モルキシビル(モルヌピラビル)の特徴まとめ

・国内初となる新型コロナウィルスの経口タイプ治療薬
参考サイト「新型コロナウィルス治療薬の特例承認について」:厚生労働省
・主に重症化のリスクを防ぐ
・軽症、中等症の治療に有効性
・発症から5日以内の服用を推奨
・アレルギーや持病等の理由でワクチンが打てない方に
・変異株(デルタ株、オミクロン株など)への有効性の可能性もあり
・妊娠中及び妊娠の可能性がある方、18歳未満の方は服用できません


モルキシビル(モルヌピラビル)購入方法

国内で承認された2021年12月頃から全国の医療機関に順次配布されているようですが直近(2022年1月、2月)での感染の急拡大により
スムーズに処方されないケースも予想されます。
服用のタイミングが発症から5日以内とされておりますのでお早目のご準備を推奨しております。

使用方法

水またはぬるま湯にて1回800mg(4錠)を1日に2回、5日間服用ください。

発症してから5日以内に服用して下さい。

食事の影響はないとされています。

※18歳未満、妊娠中の方、妊娠している可能性のある方は服用はできません。
※服用方法、効果、副作用は、厚生労働省の資料を参考にして記載しております。つるかめ薬局では、使用及び服用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は必ず医師など専門家にご相談してください。

副作用

主な副作用として、下痢、悪心、浮動性めまい、頭痛、嘔吐などの報告があります。
これらの副作用はほとんどがすぐに治まりますが万が一長く続く場合は服用を中止し医師の診察をお受けください。

稀にじんましん、発疹、中毒性皮疹などの報告がございます。

併用禁止薬

現在、報告はございません。

【併用注意薬】
臨床薬物相互作用試験は実施していません。

※持病、治療中の方、、服用中の薬がある方はかかりつけの医師に相談してから服用ください。

服用方法、副作用、併用禁忌参考サイト
医療用医薬品:ラゲブリオ:添付文書

保管方法

■直射日光が当たらなく湿気の少ないすずしい場所に保管してください。
■子供やペットの手の届かない所に保管してください。

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。